とある画家のアトリエ

動物たちにストーリーを与える絵描きの活動記録

うちの場合

20代前半から30代はじめにかけて、どういうわけか家庭に重いトラブルを持つ人ばかりが周りにいた。


うちといえばモラハラの父とそれに反するように子を溺愛する共依存の母がいて、機能不全傾向の家庭ではあったが、兄も私もなんとか道を外さず生きてこれたので、まだ傷が浅い方だと思っている。


「普通の家庭」「普通じゃない家庭」は人それぞれによるもので、これといった基本になるような尺度はないと思っているのだが、それを考えたときあるカウンセラーがブログか何かに書いていた言葉がよみがえる。それは「夫婦の仲がよければ子供はすくすく育つ」といったニュアンスのものだ。

 

確かに、私はキレまくって喧嘩ばかりしていた親を見て育ってきた。話し合いで解決しているところなど見た事がなかった。父は家族に対して聞く耳を持たず上から押さえつける人間だし、母は年がら年中父の愚痴を私に言っていたような気がする。それも私の脳内が脚色した記憶なのかもしれないが、そのおかげで世の男性はみんなそういうものだと思っていたのは確かだし、話し合いで解決できる夫に出会ったことがある種のカルチャーショックのようなものに感じた。

 

今までの経験があるからそのカウンセラーのコメントを見ると、なるほどそうかもしれないと思うのだ。もし母と父がお互いを気遣い合ったり褒めている記憶がたくさん残っていたら、子供の私は家庭に関して何も心配することはなかっただろし、子供だった自分は大人のように気を回さず、そういった気の遣い方をする必要もなかったと思う。私は子供の頃から負けん気だけは強かったので、父にも母にも飲まれることがなかったが、繊細で打たれ弱い子どもだったらどうなっていただろうかと思うと恐ろしい。

 

長年愚痴や悩みをよく聞かされていたわたしが思うのは、実際渦中にある時には相手の事を責めたくなるのもわかる。しかしその相手にも言い分があることを忘れてはいけないということ。特に家庭のこととなると、逃げられないのは子供だと感じている。解決方法を外に求めるのはあくまできっかけを探すことであり、それは本当の解決策ではないのではないだろうか。そのきっかけをもとに優先順位を組み立てていくと、自ずと選ぶ道は見えてくるような気がしている。

f:id:knkitwo:20171017004537j:plain

鵜呑みにしない

なんだかふと思ったのだけど、健康法、食事法、占いとか宗教もしかり、他人が良いと言ったものが自分にとって必ずしも良いとは限らないのではないだろうか。


あの人が良いと言ったから良いのではなく、それの出処がどこなのか、信頼できる筋からのものなのか、副作用やどんな苦情があるのかを調べることも大事だと思う。


情報がただで手に入る時代だからこそ、自分の目で見極めるためにひと呼吸を置く余裕を持つ方が良いような気がする。違和感という直感を少しでも感じるのなら、周りに倣わなくても時に辞めるという選択も持っていて良いのではないだろうか。

誰がために

「相手を憐れみ必要以上に過保護になる人は、自分の問題解決ができていないために、自分の問題に直面することから逃げ、救済者の役割を演じようとしています。」
という物をFBで見かけた。その投稿をされた方は心理学に詳しく、特に子供の引きこもりなどを専門にサポートされている方だった。

 

私は心理学を学んではいないし、詳しいことはわからないけれど、その心理がなんとなく理解できた。なぜならそれはまさにうちの母やお世話になったとある人、20代前半の自分にすっぽり当てはまるなと感じたからだ。

確かに、人の心配をして構ってさえいれば、その間は自分の問題を見ずに済むし言い訳にもなる。その方が自分と向き合うより楽なのだ。それを指摘すると「でも」「だって」と返ってくる。「うんうん」とわかったふりをして聞いていない場合もある。かつての自分もそういうところがあった。

でもある時、心配はまずは自分に向けるものであって、人のことばかり世話を焼いたり気にしたりしているままでは大切なことは何も解決してないということに気がついた。
むしろそのゆがんだ親切心のようなものが「世話をしないといけない存在」を作ってしまうことにもなると実感している。

自分の経験や周りを見ていたからこそ、今は「まず自分からきちんとする」と思えるようになった。人のことをするその前に、自分がやるべきことをこなしてこその人助けだと思う。

 

f:id:knkitwo:20171017004026j:plain



 

 

自問自答

目の前にある真実を見ようとせず、

自分の過ちを省みず、

自分が行うことは正しく、

それに従わないものはわかってないだ悪だと幻滅し、

さも自分の行いが絶対であり大義名分があるかのように振る舞う。

最近そういうものにとても違和感を感じている。

なぜなら何が正しくて何が間違っているかは、自分が立つ場所によってがらりと変わってしまうと知ってしまったからだ。

たとえば、自分が友人と喧嘩をしたとして、相手は相手の言い分があり、自分は自分の言い分があるようなものである。それを言い負かしたり自分の言い分を認めさせたところで、それが本当の正解なのか、解決になるのだろうかと感じる。

人というものはよくわからないもので、思い通りにならないものだろうと常々感じる。
だからこそ、偶然に自分と同じ風景を見ることができる相手を見つけたならそれを大切にしたいと思うし、その偶然に依存してはいけないとも思う。

f:id:knkitwo:20171010010900j:plain

数年前からの変化

3,4年前からスピリチュアルな知り合いががっつり増えた。

「スピリチュアルってうさんくさい。そんな人と付き合うなんてうさんくさあぁぁぃい!!」と言って私の元から去っていった人がいる。多分その人はスピリチュアルに対して「あなたの後ろになんかいて邪魔してます!この30万円のツボ買えば治りますうぅ!」みたいなイメージを持っているのだろう。

私は何事に対してもまず否定から入りはしない。人でもものでも知らないままでは良い悪いの判断もできないと思うからだ。そんな感覚でスピリチュアルな人と付き合ってみると、彼らはいたって普通の人たちである。

手から火が出るわけでもないし、空を飛ぶわけでもない。大多数のひとは人生のヒントは与えるが答えは言わず、最後に考え選択する自由を残してくれる。30万のツボのくだりのように人を不安にさせ、思考を支配し何かを搾取するような人は私の周りにはいなかった。そんなことをする人はどんな手を使ってでもそうするのだろうから、それがスピリチュアルかどうかは関係ない気もするけれど。

見えない世界と現実は繋がっていると思う。特に創作するということは、インスピレーションというあいまいで形のないものをどこからか受信し、何もない現実へ自分という機関を通して表現する仕事だと思うからだ。

私にとって見えない世界のアドバイスも、現実世界のアドバイスもあまり区別はしていない。どちらであれ、いまここで生活している現実に活かしていけばいいと思う。