読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある画家のアトリエ

動物たちにストーリーを与える絵描きの活動記録

強制的に自分を見つめてみる。

日々のあれこれ

ちょっとここ数ヶ月、停滞していたがだいぶ復活してきたので、ブログもちょくちょく更新していこうと思う。
停滞していた原因はよくわかっている。まああまり大きな声では言えない。正直こんなことが起こるのかという感じだ。
今まで自分の心が素直に喜ぶことを選んでやってきたし、自分自身には優しくしてきた方だと思う。全ての選択は自己責任として生きるようにしてから、誰かのせいにすることはなくなった。ずーっと周りにグチグチ言って変わらない人に嫌悪感すら抱いている。「なんでそんなに文句言うのに変えないの?」と。

今まで安定とは無縁の人生だったので、変化することに恐れはない。むしろ変化はデフォルト、くらいのものだ。でもこの1~2ヶ月、これからやっていきたいことは明確にあるのに、自分の思うように動けない、考えてもわからない、恐れとも違う得体の知れないものがどんよりと足を引っ張っているような気分が続いていた。
友人の誘いがきっかけでようやくわかりかけてきたことがある。それは自分だけでなんとかしたいという意識が強すぎるのか、知らぬ間に自分へのハードルを高く設定しすぎていたかもしれないということ。
よく0と1は違うとか、やらないよりやることのほうが大事だという話を聞く。それはもちろんそうだと思うが、今の自分はもう0の状態ではないということもあって、その次を高すぎる位置で設定し、自分に課していた気がする。変わらないで文句ばかり言っている人への嫌悪感が、変われない自分に向き、それが苛立ちとなっていたような気がする。
それがようやく頭と心で納得できたことで、思考の癖が少し変わってきた。この1〜2ヶ月はまさに自分で自分の首を絞めていたようだ。0の次は1、1の次は2、その次は3と、身の丈にあったことを少しずつやるというように気持ちを入れ替えるとしよう。