読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある画家のアトリエ

動物たちにストーリーを与える絵描きの活動記録

個展の告知を書いてもらいました!

FBが元で知り合った友人が、英語で告知文を描いてくれたのでご紹介します。

 

Kanako Ito 伊藤 嘉奈子

Exhibition in TOKYO 4.15(Fri)〜4.19(Tue)

at Waseda. She has amazing talent of painting.

Because Animals talking about spiritual messages of you with eyes in the picture . Please come and see these pictures. Maybe you will see such a eloquent pictures.

 

関西在住の画家、伊藤嘉奈子による個展が4月15日から19日に東京早稲田にて行なわれます。

今回はグループ展ではなく、個展なので大小合わせて30点ほどの作品を展示予定です。 縁起を引き寄せる彼女の絵は持ち主を待っているように見えます。

その絵が必要な人が現れると、その絵の動物は瞳を通して語り始めるのです。

私のところに来たフクロウとカエル。 カエルは常に「見守り」を担っています。

常にわたしを「肯定」し、「大丈夫」と言い続けています。

安心感を与えてくれる存在です。 フクロウは常にわたしの中心にある「悦び」に関わる質問を投げかけてきます。

「何が貴女の幸せ?」 停滞し始めると、何かを思い出させてくれる存在です。

図らずも静と動、陰と陽のバランスを備えた絵が我が家にやってきました。

「バランス」がテーマのわたしにとってぴったりな組み合わせです。

是非この雄弁な動物達に会いに来てください。

 

f:id:knkitwo:20160323081402j:plain

人に自分のことを紹介してもらうのは初めてで、非常に気づかされることが多いと思った。私の絵には、調和、バランスなどを感じるような仕掛けをこっそりとしている。それらは生き物の目を通して発信し、伝わるべき人にメッセージとして伝わっているらしいのだ。自分ではわからないけど、そういえば最近、自分の意思で描いていないようにあっという間に時間が過ぎているというか、無心で描いていることが多い。
描くことで、自分の中を掘り下げ、その奥にある伝えたいものを表現している気がする。
どうぞみなさん、動物達のメッセージを受け取りにきてください。

会期:4/15〜19

時間:12:00〜20:00(最終日は18時まで。終日在廊予定)

場所: 東京都新宿区早稲田鶴巻町517 ドラード和世陀103
ドラードギャラリー