読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある画家のアトリエ

動物たちにストーリーを与える絵描きの活動記録

かめはめ波を撃つために

去年の秋頃から立体制作を学んでいます。

人形の骨となる針金を切り出すところから始めているが、これが実際の人間のようで、傾きがあると猫背になったり、立たなくなったりしておもしろい。

しかし立体は難しい。そらそうだ、やり出してまだ間もないのに、できたらたいへんですね。

絵を描く時は、脳内に湧いてきたイメージをできるだけリアル(現実)につなげ、でも空想の世界も抜けきらないようにして平面にしている。それは今までやってきたことなので、まあなんとなく形にはできます。

でも立体は頭の中のイメージをを具現化しようとしたら、なんとなく違ったふうになってしまう。片方から見て形がよくたって、違う角度ではいびつになってしまう。芯から意識する感覚の訓練と場数かなと思います。

私の絵は、どんどん盛っていく。

立体は盛ったり削ったりできる。

絵もモノによってはできるかもしれないけど、私にとっては経験がないことで、なんだか画期的なのです。

 

平面だけじゃない世界の勉強は、新しい視野を広げてくれるんではないかなと思います。

f:id:knkitwo:20160110183310j:plain

(写真の作りかけフィギュアは、かめはめ波を撃つ吉田沙保里選手並みのムキムキガールになる予定)