読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある画家のアトリエ

動物たちにストーリーを与える絵描きの活動記録

ものづくりに関して

わたしのなかの裏テーマ

最近話題に上がった話。 お遍路さんのコースは、四国を一周するようぐるりと囲むように配されているという。ある作家は輪廻転生を描くため、水のイメージを取り入れた絵を描かれた。また別の方から、ある国では数百年続いた伝統が壊され、途絶えてしまったと…

絵を描くことはどう役に立つか

わたしはひとに教わったり教本のようなものを読むのは好きじゃないが「絵が描けない人が上手くなる本(仮)」を数年前に手に取った。一から学びたいというよりは復習気分で手に取ったのだが。 分厚い本の中でひとつだけ覚えていることがある。それは、 「人…

個展の告知を書いてもらいました!

FBが元で知り合った友人が、英語で告知文を描いてくれたのでご紹介します。 Kanako Ito 伊藤 嘉奈子 Exhibition in TOKYO 4.15(Fri)〜4.19(Tue) at Waseda. She has amazing talent of painting. Because Animals talking about spiritual messages of you w…

個展のタイトルのその意味と

さて、そろそろ個展まであと1ヶ月あまりとなった。 昨日あたりからようやくエンジンがかかってきたかも… さて、個展タイトルのギフトですが、その名前をつけた個展は今回で三回めになる。 なぜギフトにしたかというと… 私は今まで、小さい頃から絵を描くこと…

人類パワースポット化計画

なんだかとてもたいそうなテーマだが、これは私が絵を描いている大きな理由のひとつだ。 私は主にA4くらいまでの小さな絵、ハガキサイズや5cm角くらいだったり、手のひらサイズの絵を多く描いている。最近は特にふくろうを描いており、動物自体を描き始めた…

かめはめ波を撃つために

去年の秋頃から立体制作を学んでいます。 人形の骨となる針金を切り出すところから始めているが、これが実際の人間のようで、傾きがあると猫背になったり、立たなくなったりしておもしろい。 しかし立体は難しい。そらそうだ、やり出してまだ間もないのに、…